top of page

食欲減退「チョウバエ」

※ここでいう「チョウバエ」はコバエも含みます。


暖かくなってきた時にどこからともなく現れ、害はないけどイライラするチョウバエ。

飲食店とかで見かけると食欲もなくなりますよね。


今回はそんなチョウバエの簡単な予防方法をお伝えします。


チョウバエの発生源はさまざま。

種類にもよりますが大体10日~30日程度で成虫になり新たに卵を産めるようになります。

・生ごみ、ごみ

ごみの中で産卵し、ごみをエサとして大きくなります。その後そのごみの中に産卵しさらに成虫に…を繰り返します。

暖かい時期のごみは出来るだけこまめに捨てるようにしましょう。


・汚れていて湿った場所

排水溝やトイレのタンクなどに潜んでいます。

トイレのタンクはなかなか普段気にして掃除はしないもの。

意外と害虫に狙われているんです…!


・お風呂

汚れて湿った場所と少し重複しますが、石鹸や石鹸カスにもチョウバエは発生します。

お風呂は石鹸だけでなく人間の皮脂などチョウバエにとってごちそうがたくさんあり、湿気も申し分ないです。

お風呂の掃除は普段見えない場所も多いので掃除には工夫が必要です。


チョウバエは成虫しか見かける機会はないと思います。

なんとか駆除しようとしても、

なかなか数が減らない。

一時的に見なくなったのにまた出てきた。

こういう経験はありませんか?


それもそのはず!!

飛んでいるチョウバエを見つける=成虫のチョウバエを見ているからです。

成長したコバエをいくら駆除しても「卵」「幼虫」「蛹」が控え、数日後には蛹が成虫となり飛び回るからです。

駆除の最適なタイミングは「幼虫」の時期です。

幼虫を見つけることは容易ではありませんが、できる限り湿気、ぬめり、ごみが多い場所を作らない工夫が大事です。

成虫をみかけたのならその後、今卵のチョウバエまでは最低でも駆除を継続する必要があると考え、根気強く駆除を行ってください。


とはいえ、成虫でも数ミリ程度。卵、幼虫、蛹、全てがとても小さいため個人ではなかなか見つけることは難しいです。

チョウバエ駆除を本気で考えているのであれば専門家に相談することをお勧めします。


株式会社EX TERMINATOR

G BUSTERS


6 Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
Guest
Oct 12, 2023
Rated 4 out of 5 stars.

未だにでます

なんとかしてください

Like
Guest
Dec 05, 2023
Replying to

お願いしたら一切でなくなりました!

一応タマゴのことも考えて1ヶ月くらい様子見をしましたが全く見なくなりました!

ありがとうございました!!感激!!

Like

Guest
Aug 02, 2023
Rated 5 out of 5 stars.

この前ダニと一緒にお願いした

それ以降一回も見てない

ありがとう

Like

Guest
Jul 07, 2023
Rated 5 out of 5 stars.

そういうことだったのね

そりゃいくら駆除しても出てくるわけだ

Like
G BUSTERS
G BUSTERS
Jul 08, 2023
Replying to

コメントありがとうございます!

そうなんです!

なかなかしぶといのはそういうことなんです!

根気強く対応しましょう!

Like

Guest
Jul 06, 2023
Rated 4 out of 5 stars.

夏場うざいよね~

Like
bottom of page